スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • by スポンサードリンク
  • -
  • -

市川さん

初めまして♪

澤村さんから紹介された若葉マークな山岡未奈(やまおかみな)です\(^O^)/
つまり今回がニット初参加です♪

単にセリフを覚えるだけだと向上心が無いな〜と思い、心機一転入団してみました。
んで、稽古に参加してみて…ニットって予想以上にレベルが高い…
完全に、ぽかーん(_´Д`)ノ~~状態です…

出ハケが無くても、いなきゃいけない、その時の雰囲気。
楽器は弾くし、小道具のスタンバイと段取りのオンパレード。
ダンスもコンテンポラリーで未知なる世界。
歩くだけという簡単なはずの事さえ、四苦八苦な毎日です。。

後、1週間ちょっとで本番だなんて、顔面蒼白ものです…
が、そんな弱音を言ってる暇は無いです。
演出曰く、失望7割・期待3割な出来ない気持ちを思いっきりぶつけてやるしかないです。。
奇妙でかなりハードな芝居になりそーですが、宜しくです♪


さて、お次に紹介するのは
リッチなORENO PANをほうばる市川さんです♪

今回の役的に、一緒に行動する事が多いです。
って事で、冷静沈着、時に厳しく、時に優しく、いつもアドバイスを下さる頼れるお姉さんタイプな先輩です。

私の隣でセリフをかなり多く喋る事になりますが、何とも心地よいセリフ回しです。
真面目な感じが滲み出て、個人的にニットで一番聞き取りやすいです。
なので、今回の見所の1つです♪

市川さんが物語る不可思議な『strange』、ご期待下さいませ〜(o^∀^o)



ニューフェイス山岡

澤村です。
CA3G06380002.jpg
『strange』もうすぐっす!
変な芝居ですが、頑張ります!
変なとこに力を入れながら頑張ります!


山岡さん。

ニットキャップシアターのニューフェイスです。
なかなかね、パンチの効いた奴です。
学生劇団、市民劇団を経てニットキャップシアターに入団してきた彼女。

小劇場の舞台自体がなかなか馴染みがないそうで、稽古場で戸惑ってばかりの彼女。

猫が大好きなようで、猫のイラストが入った稽古着ばかりきてる彼女。
写真の通り、愛されいじられルックスな彼女。

舞台ではどんな彼女を目撃できるのでしょうか?

まだまだ発展途上、山岡未奈(ヤナオカミナ)。
どうか名前だけでも覚えてやっておくんなまし。





澤村さん

こんにちは。黒木夏海です。
121126_204730.jpg

 
さらば箱舟からのご縁で今回のstrangeにも出演させていただきます。
 
前回参加のときも思いましたが、ニットでの稽古はする事が多く、頭を使います。というのも、見たことがある方ならご存じでしょう、演じるほかに楽器、口、体、色々使うのです。ぼーっとしてたら何かしら抜かします。主に私が。
 
劇団員の皆さんはすごいです。
ごまさんが「烏丸辺り作って」というと、烏丸周辺が出来上がりますからね。
すごいでしょ。いやーほんとストレンジでおもしろいですよ。私もがんばりますので、ぜひお越しください。
 
澤村さんです。
CA3G06380002.jpg 
烏丸の風景を颯爽と作ることができるお一人です。
 
まぶしいですねー。
稽古着も蛍光色のパーカーなど着ているので、本人の眩しさもあいまって、目がチカチカしてしゃーないです。
 
そんでもって、山岡さんというこれまたポップな新ニットメンバーが現れたことにより、あっち見てもチカチカこっち見てもチカチカ。
 
ニットの稽古場は輝きに満ちています!
 
稽古場でこんななのだから、公演は恐ろしいほどの眩しさでしょう。
 
目を鍛えなきゃ!
 
 
12月になりました。
 
ニットキャップシアター
「strange」
 
もうすぐです。

12月になりました!

こんばんわ、高原です。
いよいよ、いよいよ今年もあと一ヶ月!
早い!もうあと一ヶ月か。

12月1日を過ぎました。ということで、
1日をフラッシュで振り返ります。


今日のお昼、
京都芸術センターが主催する明倫ワークショップをおこないました。
ごまのはえをホストに、ゲストの田辺剛さん、笠井友仁さんとクロストーク。
「物語の効用について」というテーマでした。

『strange』でも特に肝となる「物語」。
その真相/深層に迫る内容で、とても面白く充実した贅沢な時間になりました。
お越しいただいた皆さま、ゲストのお二方、
本当にありがとうございました!


そして18時からは、
ひたすら稽古。ひたすーら稽古。
今日はなんと、できたてホヤホヤの舞台図面が出来上がってきまして、
ものすごく面白い舞台になりそうです。
是非お楽しみに!

今日の出演者紹介は、織田からの黒木さん紹介です。
黒木さんの靴下がとってもかわいいので注目です。


おや?

「strange」まで、あと、、、
 11日!?

稽古は、あと・・・・
 !!!!!!!
 7日しかない。。。

ヒー!!・・・

今日は昼から稽古、バリバリがんばりまっす!



黒木さん

どうも


『ゲームは一日1時間!』

オダ名人です。
DSC_0732.JPG


ストレンジの稽古ちょいちょいっと進んでます。
全くタイトル通り奇妙な作品で奇妙な稽古が続いてます。


だからどんな作品になるか分かりません!
舐めるな!!!!


観に来て!


としか言いようがないです。個人的にはケンタウルスさん、もとい健太郎さんが書いてた、殻というか壁を乗り越えたいです。


脱無理しない。


ねぇ。
早く埴輪から有田焼になりたい。
ダブかっつって。


で、私が紹介するのは黒木さん。
121126_204730.jpg


今回さらば箱舟に続いてまた出てもらいます。


相変わらず動きが美しく、どうなってんの?ってなります。マイムもアッサリと美しくぴみゃっとやらはりますわ。


ほんに参った!


今回も重要な役で、期待していてください。


シュッとしとります。


後、台詞喋りますいっぱい。
覚えてんかなぁ(笑)


では次は黒木さん宜しくね。

織田 フライアウェイ!

こんばんは。かもめです。

今日の稽古場の一枚


 

織田が飛びました

どのシーンで使われるのかお楽しみに


かもめでした

織田君

佐藤です。
ニットキャップと一緒に舞台を創るのはこれで三度目。
毎度楽しみで仕方無い。キンチョウ感とワクワク感を持って自転車で稽古場へ向かう。カーブを曲がると目の前に強烈な赤!立体的に迫ってくる紅葉。
見とれているこの時間を大切にしたいと思う。
日常の不思議に耳をかたむける、、、。
さて今度の作品はどうしよう。
右往左往は止まらない。
全部一緒、熱く冷静にやってやる!


織田君
DSC_0732.JPG
稽古場の盛り上げ隊長の織田君。

若さを武器に、チャレンジ精神は旺盛、
現在自分の殻を破るべく奮闘中。がんばれ〜。



けんたろうさん

こんばんは。高原です。
稽古は台本を一巡目して、二巡目の真ん中へんまで進みました。
これからいよいよ立体化していく感じです。

こんなに作品のイメージができないのは正直初めてです。
稽古では雲つかむ感じでフラフラやってもます。
そのためか、よく皆と進行がズレて怒られたり、微妙な空気にさせてます。
ムードブレイカーってヤツです 

今回は海に漂う"ブイ”みたいになれたらいいなと思っています。
立派なブイになった姿を観に来てください!



さて、「strange」出演者紹介の続きです。

私が紹介するのは、この人!!
 
佐藤健大郎さん、けんたろうさんです!!

ニットキャップ作品に関わるのは、これで三度目。
『ノクターンだった猫』、『さらば箱舟』、そして『strange』。

いつも雄々しくしなやかな動きを作ってもらってますが、
今回は動きだけじゃなくセリフもたくさんありますもんね。
写真は、セリフ覚えをしているレアなショットです。

今回のけんたろうさんは、いつものニットとはまた違う形で出演されるので、
是非楽しみにしていてください!



strangeのパラパラバナーができました。

『strange』のパラパラ漫画風バナーができました!

para2banner

2009年に上演した第25回公演『踊るワン‐パラグラフ』以来のパラパラバナー。
イラストは今回も高原さんです。

テイクフリーですので、ご自分のブログなんかに貼っつけてやってください。
下のソースをコピー&ペーストしてお持ち帰りください。
(やり方がわからん!という人は詳しいお友達に聞いてね!)

<a href="http://knitcap.jp/32nd/"><img src="http://knitcap.jp/32nd/para2.gif" width="200" height="220" alt="『strange』" border="0"></a>


チラシでは「煙」押しなのですが、こちらは海?
2010年の『ノクターンだった猫』に続いて、水の匂いのする作品なのかもしれません。
お楽しみに!

クロストーク「物語の効用について」

制作部よりお知らせです。


今週末、12月1日(土)14時から、京都芸術センターにて、
ごまのはえをホストに、田辺剛さん笠井友仁さんのお二方をゲストにお招きして、
クロストークをおこないます。

テーマは「物語」について。

人はなぜ「物語」を欲するのか、表現者はなぜ「物語」にして伝えようとするのか。
「物語」について語り、また解体することで何が見えるのか?

無料でご参加いただけます。
土曜日の午後のひととき、どうぞお気軽にお越しください。

----------------------

ニットキャップシアター 明倫ワークショップ
クロストーク「物語の効用について」

◆日時
2012年12月1日(土)14:00−15:30

◆会場
京都芸術センター 制作室6

◆定員
20名

◆ホスト
ごまのはえ(ニットキャップシアター)

◆ゲスト
田辺剛(下鴨車窓)
笠井友仁(エイチエムピー・シアターカンパニー)

◆お申込み
京都芸術センターの明倫ワークショップページからお申込みください。

----------------------


para2banner

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

selected entries

archives

recent comment

links

search this site.

others

PR

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM